JMAサロン

JMAサロンについて ~ 拡がるトップマネジメント

JMAサロンは、当協会創立25周年記念事業の一つとして開設されたもので、協会会員社トップの方々のコミュニケーションと親睦をはかり、広く情報交換の場として活動を続けてまいりました。
既にご承知のように、会員社間の経験交流の場としては、JMA月例会がご好評をいただいておりますが、JMAサロンは、月例会運営の実績をふまえ、トップのコミュニケーション広場として活発に展開しようとするものです。

JMAサロンは、このような主旨からご参加いただける方を、会員企業のトップマネジメントクラスの方に限らせて頂いております。サロンは隔月1回開かれますが、毎回ゲストスピーカーを招き、トップ交流の意義を深めたいと存じております。スピーカーには、内外・分野を問わず時代をリードする方々を招く予定で、業界で指導的役割を果たしている方や、時々の話題性のある方などにもおいで頂くことになっております。

JMAサロンの運営は、協会会長、理事長及び若干名の役員によるJMAサロン運営委員会によって行います。委員会は、サロン運営の全般について責任をもち、スピーカーの折衝、紹介を行うほか、開催当日の進行をつとめさせていただきます。
サロンは、開催の主旨にそってゲストスピーカーを中心に、企業のトップの方々との親密な懇談が行われるように図られています。お食事にも四季折々のメニューを用意するなど、その都度趣向を凝らして、楽しく有意義なサロンにいたしております。

いま企業のトップに必要なことは、新しい視点を切り開くためのwisdom/intelligenceだと言えます。
今後は、ご参加の方々のいろいろなご意見を頂きながら、ますますご満足出来るようなJMAサロンを目指して有意義なサロンの運営につとめる所存です。
是非会員各社トップマネジメントの皆様の絶大なご支援をお願い申しあげます。

 

JMAサロン運営委員会委員長 菅原 洋二
(日本テレビ放送網株式会社 取締役 常務執行役員)

募集要項

定例会場
ホテルオークラ東京
〒105-8426 港区虎ノ門2-10-4
TEL(03)3582-0111
 
開催日時
9月よりスタートし、原則隔月1回(9,11,1,3,5, 7月を予定)開催いたします。
 
運営
年回6開催、毎回午後6時より午後8時30分までの時間を予定しております。
6時から6時30分の間にご参集下さい。アペリティフの後、ゲストスピーカーを交えての懇親とお食事をしていただきます。
その後、スピーカーによる座談会形式の1時間程度の懇談会をさせていただきます。
スケジュール
18:00  アペリティフ
18:30  お食事
19:00  講演会
20:30  閉会
 
参加資格
協会会員社のトップマネジメントクラスの方
 
参加費用
年間会費、1名 20万円 (消費税別、お食事代その他経費含む
 
参加通知
毎回のご案内は、その都度文書にてお知らせいたします。
 
 

お問い合わせ先

公益社団法人 日本マーケティング協会
担当 竹原
お問い合わせフォーム
 
 

テーマ・講師一覧

第208回(2017/03/2)
 リオオリンピックから東京オリンピックへ(仮題)
 平岡 英介氏 日本オリンピック委員会 専務理事 
 
第207回(2017/1/16)
 アメリカ大統領選挙後の日本経済の行方
 片岡 剛士氏 三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱ 上席主任研究員 
 
第206回(2016/12/5)
 GNTから見た日本の国力(ソフトパワー)
 川口 盛之助氏 ㈱盛之助 代表取締役 
 
第205回(2016/10/5)
 アマゾンの書籍販売のマーケットの活性化について
 村井 良二氏 アマゾンジャパン合同会社 バイスプレジデント  
 
第204回(2016/7/26)
 今後の政局の行方
 有馬 晴海氏 政治評論家 
 
第203回(2016/5/23)
 今後の世界経済と日本経済の行方
 中原 圭介氏 経済アナリスト
 
第202回(2016/3/2)
 テロに揺れる世界
 佐々木 伸氏 共同通信社客員論説委員
 
第201回(2016/1/28)
 AIと経済社会の今後
 辻井 潤一氏 産業技術総合研究所 人工知能研究センター長
 
第200回(2015/11/20)
 経済覇権のゆくえ 米中伯仲時代と日本の針路
 飯田 敬輔氏 東京大学 大学院法学政治学研究科教授 
 
第199回(2015/10/2)
地方消滅 東京一極集中が招く人口急減
増田 寛也氏 野村総合研究所 顧問 (元総務大臣)
 
第198回(2015/8/4)
知日 なぜ中国人は日本人がすきなのか
毛 丹青氏 神戸国際大学教授 作家
 
第197回(2015/6/11)
当面の国際情勢と世界経済
吉岡 達彦氏 ㈱双日総合研究所 副所長