本稿は、米国サンフランシスコ在住の三浦茜さんへの電話インタビューから構成したものです。

トップに戻る