ネット環境さえあれば、どこでも仕事が出来る時代とは言え、東南アジアミレニアル世代はフィジカルなコンタクトを大事にする。

トップに戻る