日本的なマネジメントの一時代の終わりを感じる事柄が続いています。

トップに戻る