規制や実現性など目前のことに縛られがちですが、どんな未来が見えるのか?チャンスはどこにあるのか?思い切っていまを超えた議論をしてみましょう。

90年代は日本のACGコンテンツ(アニメ、コミック、GAME等)が、雑誌や一部のTV放送で中国の若者に浸透し始めましたが、その後紙媒体がダメになり、Web媒体が台頭して状況が変わりました。

トップに戻る