情報メディア白書2021セミナー【オンラインセミナー】

2020年は新型コロナの影響によって打撃をうけた業界、またその逆に追い風となった業界の明暗がわかれることとなりました。

物理的接触が制限されDX(デジタルトランスフォーメーション)が前倒しされるという大きな波の到来によってメディアの風景は大きく変わりました。

では、そんな現状を見据えつつ、「新しい日常」をチャンスに変えるにはどうしたらいいでしょうか。

そのような課題意識のもと、『情報メディア白書2021』(2021年3月4日発売)では「コロナ禍における生活とメディア接触の変化」を特集し、いまおさえておくべきメディア・コンテンツ産業にまつわるトピックスを豊富なデータによって整理しています。

 本セミナーでは白書の内容のご紹介と、その他白書には収録されていない最新調査の結果を発表し、2021年--そして、それ以降--のメディア動向をうらなう場としていきたいと思います。

皆様のご参加をお待ちしております。

なお、参加費には『情報メディア白書2021』(ダイヤモンド社 17,600円)を含みます。

※複数名ご参加で『情報メディア白書2021』追加不要の場合は、申込フォームのメッセージ欄に必要な冊数をご明記ください。

日時:2021年3月18日(木) 14:00~17:30  

情報メディア白書2021
アフターコロナの波頭到来!
~「新しい日常」をチャンスにできるか ~
#メディア価値の再発見 #DX #同時配信 #世代論 #ショートムービー #Tik Tok

14:00 - 14:05

開催にあたって:本セミナーの趣旨と概要


㈱電通 電通メディアイノベーションラボ統括責任者 奥  律哉氏

14:05 - 15:00

セッション1:コロナ禍における生活とメディア接触の変化


2020年は多くの人にとってコロナ禍により生活様式の変更を余儀なくされた年でした。2020年に起きた変化は生活行動、メディア利用行動に及びます。本セッションでは、巻頭特集の「コロナ月表」に基づいて、コロナ禍での情報メディア産業の動きを振り返った後、ビデオリサーチ社MCR/exデータ(2020年6月)から人々の生活行動、メディア利用行動の様子を明らかにします。コロナ禍という特殊な環境がもたらした変化から人々の情報メディアとの向き合い方の今後について考察します。


㈱電通 電通メディアイノベーションラボ統括責任者 奥  律哉氏
㈱電通 電通メディアイノベーションラボ 主任研究員 湯沢 文朗氏
㈱電通 電通メディアイノベーションラボ 主任研究員 森下真理子氏

15:00 - 15:40

セッション2:「新しい日常」に向けた同時配信の船出


 2020年、テレビ放送のネット同時配信がNHKと民放により開始されました。コロナ化を経て大きく様変わりしつつあるメディアライフスタイルの未来を見据え、同時配信がそこで果たす意義を明らかにします。2020年秋に実施した役9000名を対象とする電通オリジナル調査及びシミユレーション分析のエッセンスをご紹介しながら、放送局ビジネスにとっての同時配信の位置づけや課題、そして同時配信を通じて見えてくる映像視聴文化の未来像について展望します。


㈱電通 電通メディアイノベーションラボ統括責任者 奥  律哉氏
㈱電通 ソリューションクリエーションセンター デュアルファネルビジネス推進部長
電通メディアイノベーションラボ 研究主幹 美和  晃

15:50 - 16:25

セッション3:女性のメディア行動と世代別特徴(電通オリジナル考察)


 マーケティングターゲットとして常に重要視される女性層。当ラボでは過去5年に渡り、オリジナルの「5歳刻み手法」による詳細な女性インサイト研究を行ってきました。その中から、世代別のメディア・コンテンツ志向、メンタリティ・価値観、そしてこれらの背景要因ともなった世代原体験等についてご紹介します。本内容は『情報メディア白書2021』へ掲載されていない最新調査を含むご報告となります。


㈱電通 電通メディアイノベーションラボ メディアイノベーション研究部長 長尾 嘉英

16:25-17:05

セッション4:SNS×ショートムービーがメディア業界に与えるインパクト


2020年初の当セミナーにて、Tik Tokの利用実態について報告しました。その後、若い世代だけにとどまらない幅広い層がクリエイティブな短縮動画に夢中になり、Tik Tok発のさまざまなムーブメントが世界的に大きなインパクトをもたらしました。ただしこれはTik Tok単体の動きではなく、「ショートムービー」なるものが生活者の情報行動や既存のメディア業界にどんな影響を及ぼすのかという視座でとらえるべき潮流です。本セッションでは、そのインパクトの内実を分析しながら、こんごの行く末を考察します。


㈱電通 ソリューションクリエーションセンター デュアルファネルビジネス推進部
電通メディアイノベーションラボ 主任研究員 天野  彬

17:05~17:30

セッション5:Q&Aとラップアップ


Zoomのチャット機能を活用して随時質問を受け付け、そちらに回答しながらラップアップを行います。 

イベント詳細

開催日時 2021年03月18日 14:00
終了時間 2021年03月18日 11:00
定 員 無制限
申込〆切 2021年03月18日 12:00
参加費 一 般:¥35,000 「情報メディア白書2020」含む 会員社:¥30,000 「情報メディア白書2020」含む ※複数名ご参加で「情報メディア白書2020」追加不要の場合一 般:¥24,000 会員社:¥20,000 ※複数名ご参加で『情報メディア白書2019』追加不要の場合は、申込フォームのメッセージ欄に必要な冊数をご明記ください。 会員社割引適用にはログインが必要です。

このイベントのお申し込みは終了いたしました

JMA会員ログイン

会員サービスの適用にはログインが必要です。

JMA会員でアカウント登録がまだの方は、下記よりアカウントを作成してください。
アカウント登録

JMA会員社の確認は下記よりご確認いただけます。
JMA会員社検索

イベント検索

カテゴリー
会 場

イベントカレンダー

6月   2021
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

講座履歴

日本マーケティング協会の講座履歴

講座アーカイブ

講座お申し込み履歴

お客様の講座お申し込み履歴です

当ページをご覧になる際はログインをしてください

お申し込み履歴

お問い合わせ
講座についてのお問い合わせフォームです
お名前を記入してください
メールアドレスを記入してください
ご用件を記入してください
トップに戻る