本プログラムの目的は、将来の日本のマーケティングを担うべき皆様に、これまで先駆者が築き上げてきた多くの蓄積を理解して戴き、さらに今日的な検討を加えることにより、明日のマーケティングの基礎を築いて戴こうとするものです。

マーケティング理論を実務へ昇華させるためには、まずそこに展開されている数々の概念を正確に理解し、マーケターの間に言語と意味の共有化を図ることが必要です。

マーケティング・ベーシックコースはその名の通り、マーケティングの基本概念を網羅的に理解し、これを有効に活用することを目的としたものであります。新しくマーケティング部門に配属された方、あるいはマーケティング的思考能力を習得し、業務に活かしたい方などを対象としたプログラムです。

1982年から続く本プログラムは、多くのマーケティング実務家を生み出し、今もなお受講生が増え続けている確かな実績と受講生の声に代表される高い満足度から自信を持ってお勧めさせていただきます。皆様のご受講によって、マーケティング理解の共通の広場が出来上がり、明日の我が国におけるマーケティング発展の礎となることを期待します。

 

目 的

 

  • 理論と企業事例を併せて学び、マーケティングの基盤をつくる
  • マーケティングの共通言語とフレームワークを正確に理解する
  • 実践的なワークショップ・プレゼンテーションからスキルを高める
  • 異業種交流により、マーケターとしての視野・ネットワークを拡大

 

 

プログラムのフルオンライン化にについて

 

2020年10月から開講予定のマーケティング・ベーシックコース秋期コースにつきましては、新型コロナウイルス感染症拡大に備え、受講生の皆様の安全を考慮し、全てのプログラムをフルオンライン化して開催することに決定いたしました。プログラム中のグループ討議などで、JMA会場(港区六本木)に来て、実際に討議をしたいという方は、会場にお越しいただくことも可能です。会場にお越しになる方は、事務局の指示に従って感染症対策をおこなってください。(アクリルパネル、フェイスガード、消毒液、除菌スプレー、除菌ペーパー、マスクをご用意しております。)

 

プログラムのフルオンライン化に伴う異業種交流について

 

  • 講義中もZoomのブレイクアウトセッションを利用したグループディスカッションの回数を増加
  • オンラインでの交流タイム、オンライン懇親会を新設
  • 自己紹介カードの共有(名刺情報+住んでいる地域、担当業務・ブランド、現在の課題等を個人の同意次第で記載)
  • オンライン上で講師との接触時間・指導人数を増加

 

受講対象者

 

  • 新しくマーケティング部門に配属された方
  • これから新しくマーケティングを学ぶ企業人

業種・部門・役職は問いません

 

コース構成

 

夏期コース(現在開講中)

  • 水曜コース
    2020年7月1日(水)~9月2日(水)
    ※お盆を除く

 

  • 木曜コース
    2020年7月2日(木)~9月3日(木)

    ※お盆を除く

秋期コース(現在募集中)

  • 木曜コース
    2020年10月15日(木)~12月3日(木)


  • 金曜コース
    2020年10月16日(金)~12月4日(金)

毎週1回 1日2セッション  計8回(8週間)

受講料(税込み) 一般:¥264,000 / 会員社:¥242,000

※秋期木・金コース合わせて10名様以上の場合は、一般:¥242,000 会員社:¥220,000となります。

※フルオンライン化に伴い、従来の受講費用から諸経費の実費を差し引いた価格に変更いたしました。

 

指導講師陣

 

顧 問

恩藏 直人氏 早稲田大学 商学学術院 教授

おんぞう・なおと
早稲田大学商学部助教授等を経て、1996年教授。
現在は早稲田大学商学学術院長兼商学部長を務める。専門はマーケティング戦略。
財務省にて専門委員、公認会計士試験委員など公職も歴任。
著書は『マーケティング』(日本経済新聞出版社、2004年)、『戦略的ブランド・マネジメント』(東急エージェンシー、2010年、監訳)、『マーケティング3.0』(朝日新聞出版、2010年、監訳)など多数。

三浦 俊彦氏 中央大学 商学部 教授

みうら・としひこ
1982年慶應義塾大学商学部卒業。1986年同大学院博士課程中退。中央大学商学部助手、専任講師、助教授を経て、1999年から現職。
95年コロンビア大学ビジネススクール客員研究員96年ESCP(パリ高等商科大学)客員教授。2007年イリノイ州立大学客員教授。
専門は、マーケティング戦略、消費者行動論。
著書に『グローバル・マーケティング戦略』(有斐閣、2017年、共著)、『日本の消費者はなぜタフなのか』(有斐閣、2013年)、『グローバル・マーケティング入門』(日本経済新聞出版社、2009年、共著)など多数。

委員長

坂下 玄哲氏 慶應義塾大学大学院
経営管理研究科 教授

さかした・もとたか
2004年神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了(博士(商学))。上智大学経済学部経営学科専任講師を経て2007年より慶應義塾大学大学院経営管理研究科。
2013年ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院客員准教授、2018年より同大学Spiegel Digital & Database Research Center 研究員。
主著書に『Identity and Consumption』(Routledge,2012,共著)、『マーケティングと広告の心理学』(朝倉書店,2013)など。他論文多数。

指導講師

橋田 洋一郎氏 専修大学 経営学部 教授

はしだ・よういちろう
2000年早稲田大学商学部卒業、2002年同大学大学院商学研究科修士課程修了。2009年同研究科博士後期課程単位取得。同年専修大学経営学部講師、2011年同学部准教授を経て、2017年より現職。2018年コロンビア大学ビジネススクール客員研究員、2013年~2017年まで放送大学客員准教授。専門は製品戦略論とブランド論。
著書に『マーケティング』(放送大学教育振興会、2013年、共著)、『1からのマーケティング分析』(碩学舎、2011年、共著)や『現代のマーケティング戦略①製品・ブランド戦略』(有斐閣、2004年、共著)など多数。

久保 知一氏 中央大学 商学部 教授

くぼ・ともかず
明治学院大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院商学研究科修了、2004年同大学院博士課程単位取得退学。東京学芸大学大学院教育研究科、同大学教育学部を経て現職。2013年コロンビア大学ビジネススクール客員研究員。マーケティング論・流通論が専門。
著書に『流通チャネル論』(有斐閣、2011年、共著)、『流通論の基礎』(中央経済社、2008年、共著)など多数。

結城 祥氏 神戸大学大学院 経営学研究科 准教授

ゆうき・しょう
2004年慶應義塾大学商学部卒業、2006年同大学大学院商学研究科修士課程修了、2009年同博士課程単位取得満期退学、2012年博士(商学)(慶應義塾大学)。立命館大学政策科学部准教授、中央大学商学部准教授を経て、2020年4月より現職。専門はマーケティング論、流通論。
著書に『マーケティング・チャネル管理と組織成果』(千倉書房、2014年)(日本商業学会学会賞 奨励賞)など多数。

芳賀 康浩氏 青山学院大学 経営学部 教授

はが・やすひろ
早稲田大学政治経済学部卒業。同大学大学院商学部研究科博士課程修了。同大学大学院商学研究科博士後期課程満期退学。豊橋創造大学専任講師、関東学院大学助教授、青山学院大学准教授を経て、2010年より現職。マーケティングが専門。
著書に『マーケティング戦略論』(芙蓉書房、共著)、『エネルギー問題のマーケティング的解決』(朝日新聞出版、共著)など多数。

須永 努氏 関西学院大学 商学部 教授

すなが・つとむ
1999年早稲田大学商学部卒。2006年同大学大学院博士後期課程単位取得。博士(商学)早稲田大学。千葉商科大学専任講師、准教授、関西学院大学商学部准教授を経て、2015年より現職。
2014年~2015年オックスフォード大学客員研究員。専門は消費者行動論、マーケティング論。
著書に『消費者の購買意思決定プロセス-環境変化への適応と動態性の解明』(青山社、2010年)、『はじめてのマーケティング』(有斐閣、2013年、共著)など、論文に” Efects ofLightness Location Congruency on Consumersb Purchase Decision-Marketing ,” Psychology & Marketing,2016,vol.33 issue11 934-950.(共著)など。

田嶋 規雄氏 拓殖大学 商学部 教授

たじま・のりお
慶應義塾大学商学部卒業、同大学大学院商学研究科修士課程修了、同大学大学院経営管理研究科博士課程単位取得退学、博士(経営学)。
カナダ・コンコルディア大学ビジネススクール客員研究員。専門は消費者行動。
著書に『マーケティング理論の焦点』(中央経済社、2016年、共著)、『戦略的マーケティングの構図』(同文館、2014年、共著)、『日本型マーケティングの新展開』(有斐閣、2010年、共著)など多数。

松下 光司氏 中央大学大学院 戦略経営研究科 教授

まつした・こうじ
2003年慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程修了、博士(経営学)。南山大学大学院ビジネス研究科准教授などを経て、2012年より中央大学ビジネススクール教授。
2013~2014年、Johns HopkinsUniversity,Carey BusinessSchoolにて、Visiting Professor。専門は、消費者行動論、マーケティング論。
著書に『消費者行動論-マーケティングとブランド構築への応用』、(有斐閣、2012年、共著)、『セールス・プロモーションによるブランド構築のメカニズム』(有斐閣、2014年)、『ブランド戦略全書』(有斐閣、P119~135、編著)など多数。

石田 大典氏  日本大学 商学部 准教授

いしだ・だいすけ
2004年早稲田大学商学部卒業、2006年同大学大学院商学研究科修士課程課程修了、20011年同博士後期課程単位取得退学。早稲田大学商学学術院助教、帝京大学経済学部助教、帝京大学経済学部講師を経て、2018年より日本大学商学部准教授となる。専門は製品戦略、消費者行動。
著書に『プロ野球「熱狂」の経営学』(東京大学出版会、2016年、 共著)など。他論文多数。

横山 斉理氏 法政大学 経営学部 教授

よこやま・なりまさ
2000年同志社大学商学部卒業、2007年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了(博士(商学)。流通科学大学商学部専任講師・准教授、日本大学商学部准教授を経て2016年4月より現職。専門は流通・マーケティング。
著書に『1からの流通論』(碩学社舎、2008年、共著)、『コトラー8つの成長戦略』(碩学舎、2013年、共訳)など。他に論文多数。
日本マーケティング学会、日本商業学会、日本消費者行動研究学会などに所属。

 

 

スケジュール

 

 

受講者のオブリゲーション

 

第6週目に卒業修了試験を実施します。 試験結果及び受講時の評価は、上司の方宛にお送り致します。

修了者には、「公益社団法人 日本マーケティング協会 マーケティングベーシックコース 修了書」を受講証明としてお渡し致します。

 

受講申し込み

 

下記ご希望の受講コースを選択の上、お申し込みください。

 

 

お問い合わせ
マーケティング・ベーシックコース(東京)についてのお問い合わせフォームです
お名前を記入してください
メールアドレスを記入してください
ご用件を記入してください
トップに戻る