コミュニケーション

コミュニケーション (12)

テクノロジーの勢い止まらず、ランキング史上類を見ない成長率
世界で最も価値のある日本ブランドは TOYOTA (トヨタ)

世界最大規模の広告代理店「WPP」の調査・コンサルティング業務を担うカンター・グループは、今年で 13 年目となる世界のブランド価値ランキング 2018 年度版(『BrandZ™  Top  100  Most  Valuable  Global  Brands Ranking  』)を公開いたしました。

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントは、首都圏在住の18~79歳の男女3,000人を対象に実施した自主調査から、30~79歳の既婚男女に絞って「結婚・家族観」について分析を行いました。

今年6月に「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が施行され、全国的に解禁になる「民泊」や、若者を中心に利用者が広がっている「フリマアプリ」など、近年、モノやサービスなどを個人間で共有できる「シェアサービス」の関心が高まっています。

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、一都三県在住の30~59歳の男女3,395人を対象に「恋愛・結婚・消費」についてインターネット調査を実施致しました。

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、世界的に注目されている、デジタルに精通した新世代「ミレニアル世代」の消費行動を探るため、日本、中国、アメリカ、ドイツに在住する18~64歳の男女を対象に調査を実施いたしました。

デジタル・インフルエンサー・マーケティングは、切れ味の悪いツールになりつつあります
マーケティングとPRの世界では、信頼性の高いROI測定の手法がつねに重要な課題となってきました。

フェイクニュースが瞬く間に広がる理由
昨今よく聞かれる言葉に「フェイクニュース」があります。アメリカ大統領選挙で、ソーシャルメディアを介してその数が爆発的に増えて注目されました。

トップに戻る