「改元」による新しい時代への期待感が高まった2019年。働き方改革の法整備など、古い価値観や行動を見直す動きが進みました。一方、「老後資金2000万円」問題、断絶・孤立感に起因する悲惨な事件など、様々な出来事もありました。R&Dでは「生活者総合ライフスタイル調査CORE」から、この20年の動向を振り返り、2019年のソーシャルインサイトをまとめました。今回は、その中から「国全体の景気感」と「自分の暮らし向き」に対する意識の変化についてレポートします。

年末年始は、何かと出費が多いもの。子から親へ、親から子へ、どれだけお金を使ったのでしょうか。この年末年始に公共交通機関・クルマでお出かけした人、家族・親戚が自宅に訪ねて来た人に親子間での支出について調査をしました。

移動する人が多い年末年始の時期に公共交通機関や宿泊施設を利用した方に、チケット手配や予約について調査をしました。

市場に健康訴求の商品が急増する中、消費者に自社製品の信頼性をいかに伝え、差別化を図るかが重要となっています。本Webセミナーでは、広報・マーケター・販促担当者等の方々へ、以下2点を中心に、30分で新たな視点を提供します。

来たる11月1日(木)、香港貿易発展局はホテルニューオータニ東京におきまして、過去最大規模のシンポジウム「think GLOBAL, think HONG KONG (国際化へのパートナー:香港)」を開催致します。本シンポジウムは香港政府トップのキャリー・ラム行政長官の初来日により開催するもので、テレサ・チェン法務長官やマーガレット・フォン香港貿易発展局総裁をはじめ、約200名の香港の政官財界リーダーが来日参加する予定です。

トップに戻る