テクノロジーの勢い止まらず、ランキング史上類を見ない成長率
世界で最も価値のある日本ブランドは TOYOTA (トヨタ)

世界最大規模の広告代理店「WPP」の調査・コンサルティング業務を担うカンター・グループは、今年で 13 年目となる世界のブランド価値ランキング 2018 年度版(『BrandZ™  Top  100  Most  Valuable  Global  Brands Ranking  』)を公開いたしました。

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントは、首都圏在住の18~79歳の男女3,000人を対象に実施した自主調査から、30~79歳の既婚男女に絞って「結婚・家族観」について分析を行いました。

設立から99年を迎えたダイレクトマーケティング協会(DMA)が「データ&マーケティング協会(Data & Marketing Association)」と名称を変更することとなった。

トップに戻る