ライフスタイル

ライフスタイル (13)

はじめまして、イケダハヤトと申します。ぼくは昨年の6月に、28年生活した関東圏を離れ、縁もゆかりもない高知県に家族3人で移住をしました。

ここ何年かの間に定着した感のある「女子」という表現、用途例としては「働く(き)女子」、「肉食女子」、「婚活女子」など、何かを行なっている女性や何か特徴的な女性全般をまとめて表現する際に使われていることが多い。

女子という言葉の拡大
女子力の高い男性が増えているという。女子的な要素は男性にも波及し、市民権を得た。

ポートランド的なライフスタイルに憧れて
理想のライフスタイルを送るために毎週400人の移住希望者がやって来るというオレゴン州ポートランド。シアトルとサンフランシスコという大都市に上下を挟まれたこの街はメディアの住みたい都市ランキングで上位に位置し続けています。

僕らは「東京R不動産(www.realtokyoestate.co.jp)」というウェブメディアを運営しています。これは、魅力的な特徴や味わいがある不動産物件をセレクトして紹介(仲介)するサイトです。2003年にスタートし、12年の間で賃貸・売買合わせて5000件近くの仲介をしてきました。

「誰か、人いないかな?」「ほんとウチも人足りなくて、まずいんですよ」これは飲食店経営者の間で挨拶のように日々交わされている会話である。

日本家屋には欠かせないモノに戸や障子などの建具がある。最近ではそんな建具がある新築の家がめっきり少なくなり、腕をふるう場のなくなった職人の技を新たな発想と情熱で活かし次世代に繋げて行こうとする団体がこの5月に発足した。

一般的に働く女性の支援というと「家事・育児」とまとめて扱われる割には、実際の制度支援や助成策の表舞台は圧倒的に「育児」に偏っている。家事については各世帯で解決せよ、ということなのだろう。

「朝起きて一番にあなたは何をしますか?」
そんな質問を投げかけたらどんな答えを返しますか?起き掛けの行動に自分でも気がついていないニーズが隠れているかもしれません。家の中でも創造できるコト・モノ・空間・時間をもっと表現できたならば毎日がどんなに楽しくなるでしょう。

買い方が変化した
ここ10年ほどのEコマースサイトの変化は著しいことはわざわざ言及する必要もないほど、めざましく変わり、インターネットを開けば、24時間365日、世界中から簡単に買い物ができる時代になった。

トップに戻る