本セミナーは、マーケティングを体系的に学びたい人を対象にマーケティングの基本概念を理解し、これを実践の場で、有効に活用することを目的としたセミナーです。 
  
これまでのマーケティング理論と実際のマーケティング事例を理解し、さらに今日的問題・課題の検討を加えることにより、皆様のマーケティング実践の基礎を築いていこうとするものです。 
  
マーケティングに関わる会社に入社された新入社員~2.3年の方、新しくマーケティング部門・企画部門に配属された方、あるいはこれまで実践的にマーケティングをやってきてマーケティングをもう少し体系的に整理したいと思っておられる方を対象としたセミナーです。
目 的

 

 

  • 企業におけるマーケティングの全体像を体系的に理解
  • マーケティングの共通言語の基盤をつくる
  • 理論と実務の架け橋

 

受講対象者

 

  • 新しくマーケティング部門に配属された方
  • これから新しくマーケティングを学ぶ企業人

業種・部門・役職は問いません

 

コース構成

 

 期 間   2016年9月8日(木)、9日(金)、13日(火)、 15日(木)、16日(金) 5日間 16講座

 時 間   各日とも午後のみ

 会 場   電通福岡ビル11階ホール

福岡市中央区赤坂1-16-10

 

指導講師陣

 

指導講師

片山 富弘氏 中村学園大学・流通科学部教授
大学院研究科長

かたやま・とみひろ
学部・大学院にてマーケティング・マネジメント論担当
1960年 兵庫県生まれ。
1983年    関西大学経済学部卒業。
1985年    慶応義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。
大手メーカーにて商品企画、経営企画、経理部を経て、関係会社に出向。
この間、横浜市立大学大学院商学部経済学研究科修了(経済学修士)。また、
佐賀大学大学院にて(博士(学術))を取得。
2011年 中村学園大学・流通科学部・学部長。
2016年 中村学園大学・流通科学部・大学院研究科長に就任。現在に至る。

丸山 泰氏 熊本県立大学 総合管理学部 教授

まるやま・やすし
1960 年 鹿児島県生まれ
1983 年 東京工業大学理学部化学科卒業 1985 年同大学院理工学研究科卒業
1985 年 ライオン㈱入社 2013 年 4 月から現職
共著『エコロジカル・マーケティング』( ダイヤモンド社 )、『企業の環境対応の考え方と実践~本質的
対応への経営戦略的アプローチ』( ダイヤモンド社 )、『マーケティング部管理者の仕事』( 日本能率協会 )、
『アンケート調査入門』( 東京図書 )。

五十嵐 正毅氏 九州産業大学 商学部 准教授

いがらし・まさき
日本広告学会理事(10月より)、日本広報学会理事、日経広告研究所兼務研究員、PRSJ認定PRプランナー。
学部では広告論、マーケティング・コミュニケーション論、広報概論などを担当。
1973年大阪府生まれ。1996年早稲田大学第一文学部卒業。
都内広告会社にて、営業、メディア、プロモーション、マーケティング等の経験を重ね、主にストラテジック・プランナーとして、ヒット商品の企画・育成や企業ブランドのマネジメント等に携わる。
この間、2011年早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。九州産業大学商学部講師を経て現職。

松本 裕介氏 ㈱博報堂九州支社 マーケティング部長

まつもと・ゆうすけ
1986年3月 上智大学経済学部卒
1986年4月 株式会社博報堂入社 マーケティング局に配属
2012年4月 株式会社博報堂 九州支社に赴任
入社以来マーケティング畑一筋。
その間、住宅/自動車/アルコール/飲料/食品/家電/トイレタリー/情報通信/金融/電力/流通/通販/官公庁/等の幅広い業種のマーケティング&ブランディング業務に従事。
コミュニケーション領域のみではなく、商品開発、コンテンツ開発、事業開発、企業経営コンサルティングも多数経験。
また、2011年、エルダーナレッジ開発組織「博報堂新しい大人文化研究所」の設立にも関与し、市場創造シニアコンサルタントとして、エルダー層をターゲットとしたマーケティング&ブランディング業務にも多く携わる。

植原 政信氏 ㈱電通九州 クリエーティブディレクション局長

うえはら・まさのぶ
「モノが動いてブランドになる」というコミュニケーションプランから、「そのブランドを強くするのが広告のアイデア」というクリエーティブの両面から、数多くの九州・関西のクライアントのブランディングを行う。
アジア・太平洋広告祭(アドフェスタ)グランプリ。ロンドン広告賞。
毎日広告デザイン賞グランプリ。朝日広告賞。TCC,ACC、ギャラクシー賞他広告賞多数受賞。講演/「愛される気象台」「ヨコ型ネットワークの功罪」「地方発クリエーティブの今(日本広告学会)」他多数。CMディレクターとして約500本の作品を演出。作詞家としても活動。
現・九州産業大学芸術学部非常勤講師。宣伝会議コピーライター養成講座講師。

大方 優子氏 九州産業大学 商学部 准教授

おおかた・ゆうこ
広島市出身。青山学院大学経済学部卒、企業勤務を経て、ハワイ大学マノア校旅行産業経営学大学院修士課程修了、立教大学大学院観光学研究科博士課程前期課程修了、東京都立科学技術大学(現 首都大学東京)工学研究科博士後期課程単位取得満期退学。
2004年4月より東海大学福岡短期大学国際文化学科講師、2012年4月より現職。専門分野は観光者の心理・行動、観光産業におけるマーケティング。博士(学術)。

明治 一臣氏 ㈱大広九州 第2営業局長

めいじ・かずおみ
98年(株)大広九州支社入社。
営業として、テーマパークのイベント・キャンペーンや映画会社のタイアッププロモーション等の業務に従事。
大広九州として分社後、雑貨系通販クライアントの担当を皮切りに健康食品・化粧品等様々な通販クライアントにおけるTVショッピング事業に携わる事で、実体験としてダイレクトマーケティングを学ぶ。
08年 大広九州メディア局ダイレクトマーケティング開発部新設に伴い、同部部長に就任。
現在は再び、営業として通販クライアント各社の課題に対してメディアでの経験を基にソリューション業務全般を手掛ける。

是澤 真人氏 ㈱電通九州 デジタルビジネス部長

これさわ・まさと
2000年、電通九州入社。主にプロモーションセクションで企業や自治体、媒体社等のブランディングから販促までを横断的に課題解決するためのキャンペーンプランニングやプロジェクト事業の企画、運営に関わる。
主な事業として、FIFAワールドカップ2002大分会場自治体プロモーション、西日本新聞×九州国立博物館開館記念事業、福岡モーターショー誘致・立ち上げ、その他携帯電話、流通施設など多種多様なプロモーション事業など。
2008年、欧州のデジタルエージェンシー等を研修視察したことを契機に、デジタルに興味を示すと共に、以降本格的にノーラインなコミュニケーション設計を目指し始める。2011年、電通東京本社デジタル・ビジネス局、ダイレクトマーケティング・ビジネス局への出向を経て、電通九州福岡本社へ帰任後、2012年、新設された現在のデジタルビジネス部(設立時はダイレクト&デジタルビジネス部)の部長に着任。
デジタルプロモーションからデジタルダイレクト、データビジネスといったデジタル領域トータルの課題解決を推し進めると同時に、オンライン/オフラインを統合的に設計した次世代型ソリューションの開発に取り組む。

原 智彦氏 ㈱力の源ホールディングス 人財戦略本部

はら・ともひこ
1972年生まれ。1995年亜細亜大学国際関係学部卒業。
アメリカの広告会社Ogilvy & Matherの日本法人にて様々なグローバルブランドのコミュニケーションに携わった後、生活に密着した「食」のフィールドでマーケティングを実践するために日本の老舗ベーカリーチェーンに転身。70を超える店舗の販促企画や新業態開発、店長業を経験した後、外資系ドーナツチェーンにて海外と連携して売上とブランドを回復させるためのマーケティングに従事するなど、様々な「ファンをつくる仕事」に携わる。
2013年に「ラーメンではなく、ありがとうをつくっている」という精神に共鳴し、「一風堂」を運営する力の源(チカラノモト)グループに入社。広報と人財採用の両面から、世界に誇れる新しい価値創造に奔走している。

田村 馨氏 福岡大学 商学部 教授

たむら・かおる
中央官庁の政策研究所、民間のシンクタンク、英国サリー大学サービス経営スクールを経て現職。博士(学術)。
故四島司氏を初代塾長に2004年にスタートした九州アジア経営塾の創設メンバーであり、現在は理事、エグゼクティブプログラム・ディレクターを務める。中高生を対象に「志のリデザイン」「創造性の発掘」「キャリア教育のイノベーション」「次世代のリーダーシップ教育」に取組む(2008年~)。
著書は「都市のマーケティング」、「集客モードの時代のビジネス」、「日本型流通革新の経済分析」、「天神パワー」、「変化する『ふくおか』都心」「東アジアにおける集客都市戦略」など多数

 

カリキュラム概要

 

 

お申し込み

 

九州ベーシックコース

 

お問い合わせ
マーケティング・ベーシックコース(九州)についてのお問い合わせフォームです
お名前を記入してください
メールアドレスを記入してください
ご用件を記入してください
トップに戻る