イノベーション

イノベーション (11)

流通革命の時代と流通経済研究所設立

日本の流通業は、現在大きな変革期を迎えている。これまでにも流通業には様々な変革が起きているが、最も大きな変革期は流通革命と呼ばれた1960年代のものだろう。この時は、業種別流通から業態型流通への移行期で、スーパーマーケットというセルフサービスの業態店の登場により、それまでの中小専業店中心であった流通構造が変わった。それに伴い、メーカーの流通チャネルや取引制度が変わり、卸売業は集約化・総合化が進んできた。

日本的なマネジメントの一時代の終わりを感じる事柄が続いています。

規制や実現性など目前のことに縛られがちですが、どんな未来が見えるのか?チャンスはどこにあるのか?思い切っていまを超えた議論をしてみましょう。

シリコンバレー活用に挑戦する日本の企業たち
今、世界中がシリコンバレーを活用しようと奮闘し続けている。

天守甦る
愛媛県大洲市。四国の西、愛媛県の西南に位置する人口4万人の小さなまちです。まちの中心を肱川という一級河川が流れ、内陸の盆地でありながら瀬戸内海に出る舟運の拠点として古くから栄えました。

医療系では、大学など研究機関やベンチャー企業との連携の優劣が、大企業の命運を分ける。

本号のテーマである「Do more with less〜あるもので工夫する〜」は、まさに日本のお家芸であり、最も日本文化的な要素にあふれている林業やその周辺にこそ、この最先端のイノベーションの考え方に十分に答えられる事例が豊富だ。

コクヨは、文具からオフィス家具、空間構築まで幅広く手掛ける企業である。そんなコクヨは、働き方の変化をとらえ、時代に合った働く環境を提案するために、独自の「ライブオフィス」を全国で展開している。

トップに戻る