カルチャー

カルチャー (6)

ハロウィンが日本に定着した一番の理由は、単なるタイミング
お正月、バレンタイン、ホワイトデー、お花見、母の日・父の日、七夕、お盆、ハロウィン、クリスマス・・・、数々の年間を通しての季節行事は、もれなく商業施設のディスプレイや飲食店の期間限定メニューやギフトなどの商機と連動している。

もはやジャパニーズ・ミラクルと言ってもいいほどの様相を呈しているのが、目まぐるしい季節イベントに完璧に対応している小売店の店頭だ。

先日、とある商業ディベロッパーの方と話をしていたときに、ふと質問を投げかけられた。

若い世代を中心に「和的なもの」への関心が高まっている、とは、つい先日、実施した街頭インタビュー調査を終えた後に行うダウンロード会でもあがったトピックのひとつだ。

トップに戻る