組織

組織 (4)

私の中国上海との関わりは、以前東京で手がけた企業再生案件である。上海で100店舗規模を展開する飲食チェーンの日本ライセンシー企業の再生社長を約3年半務めた。

経験曲線なるコンセプトがあるが、これは累積する経験量により効率化など改善がされるというものだ。しかし、累積しなければならない。経験とそこから得られたものが継承されてこそ効果は上がり、引き継がれずにゼロから始めれば振り出しに戻ってしまう。

少子高齢化による人口減少により日本の国内消費市場は縮小傾向にある。日本は依然として世界第三位の経済大国であり、国内市場の規模は相対的に大きいが母国の市場にのみ立脚していては企業の成長戦略は描けない。

「異質のモノを組み合わせたり、融合させたりすることから新たな価値が創造される」ということは、これまでも様々な業種や製品、組織で行なわれてきた取り組みである。

トップに戻る