【オンライン開催】<月イチデジタル60分>今回は「SNSマーケティング!!」  4回全受講

Lecture Point

 

今回は「SNSマーケティング‼」
SNSマーケティングといえども、日々日進月歩状況は変化しています。新しいSNSの台頭、アルゴリズムの変化など、これまで最適解と見られていたものが鉄板パターンではなくなってしまい、企業としてSNSマーケティングの領域は改善の連続です。
本講座では、全4回の構成でSNSマーケティングの「いま」を学んでいきます。
第1回では各SNSに限らず大きく変化したアルゴリズムの変化がどのようになっていて、どのように対応すればいいのかを解説します。
第2回、第3回ではSNSの中でも企業が注目されているInstagramとTikTokにフォーカスを当て、これまでのおさらいから効果的な方法や事例を解説します。
最後の第4回では、インフルエンサーマーケティングが勃興する現在において、効果的なインフルエンサーマーケティングの考え方と手法を事例も含めて紐解いていきます。

■第1回(2月14日・水)
「企業のソーシャルメディア新戦略 ~最新アルゴリズムから考える運用方針の最適解~」
■第2回(3月12日・火)
「Instagramアカウント運用戦略セミナー  ~想起を勝ち取る“攻め”コンテンツとは?~」
■第3回(4月11日・木)
「TikTokマーケティング戦略セミナー ~事例から学ぶクリエイティブ制作と運用のポイント~」
■第4回(5月15日・水)
「顧客の購入意向を高めるソーシャル時代のマーケティング ~成功事例から学ぶエンタメ×ブランドの可能性~」

■毎月一回 一回60分 

■今回は「SNSマーケティング特集‼」

■興味のある回だけ選んで受講!

■4回まとめて受講だとちょっとお得です。

スケジュール 各回:14:00~15:00

 

第1回

2月14日(水)

企業のソーシャルメディア新戦略
~最新アルゴリズムから考える運用方針の最適解~


企業やブランドのマーケティング戦略において、X(旧Twitter)やInstagramなどのソーシャルメディア活用は一般的なものとなりました。多くのマーケティング担当者は、日々生活者とのコミュニケーションを取るべく、エンゲージメントの構築やUGC(クチコミ)の増加に向けた様々な施策に取り組んでいます。そのような中で、最適な生活者とのコミュニケーションを模索しつつ、その成果を高めるためにおさえておきたい要素が「アルゴリズム」です。しかし、近年各SNSのアルゴリズムが大幅な変更を迎えたことで、従来の施策で成果をあげることが困難となり、インプレッション等の数値にネガティブな影響を受けている方も多いのではないでしょうか。本セミナーでは、プラットフォームごとに最新アルゴリズム事情を紐解き、最適なソーシャルメディアマーケティング施策を講じるうえでの考え方を事例とともに解説します。SNSマーケティングに携わる方には幅広くご活用いただける内容となっております。

 

第2回

3月12日(火)

Instagramアカウント運用戦略セミナー
~想起を勝ち取る“攻め”コンテンツとは?~


ソーシャルメディアマーケティングにおいて重要なプラットフォームであるInstagram。国内の月間アクティブユーザー数は3,300万人を超え、多くの企業やブランドはアカウントを開設して生活者とコミュニケーションを図っています。 日々さまざまな成功事例が生まれ、多数のナレッジも登場している一方で、「他社と同じようなアカウント運用を試みたが、なぜか上手くいかない」「そもそも何を目的にアカウント運用を行えばよいか分からなくなった」など、引き続き運用に苦心されている担当者さまからのご相談をいただいています。 本セミナーでは、まずマーケティングにおけるInstagramアカウント運用の役割を整理し、企業が想起を高めることの重要性と運用の本質を説明します。そのうえで、企業が想起され続けるための “攻めたコンテンツ” とは何か、その作り方の事例を交えながら体系的に解説します。 アカウント運用の戦略を見直したい方や、これから新たにInstagramマーケティングに取り組みたい方におすすめの内容です。

 

第3回

4月11日(木)

TikTokマーケティング戦略セミナー
~事例から学ぶクリエイティブ制作と運用のポイント~


TikTokは国内の月間アクティブユーザー数が約1,700万人と、幅広い年代からの支持を受けて急成長を遂げています。また「TikTok売れ」と呼ばれる購買現象も多数発生し、企業のマーケティング担当においても無視することのできないプラットフォームとなりました。しかし、TikTokはクリエイティブによって成否を左右する独自のアルゴリズムを有しており、効果を最大化するためにはプラットフォーム特性の理解が不可欠です。そのため、TikTokの重要性を理解していながらも、ノウハウやリソース不足で活用に踏み出せていないご担当者さまは多いのではないでしょうか?本セミナーでは、TikTokの効果的な活用法について解説します。アルゴリズムや活用パターンの整理、成功事例、投稿制作のポイントなど幅広く紹介します。「これからTikTokマーケティングに取り組みたい」「既に取り組んでいるが効果的な活用法を見直したい」という方におすすめの内容となっています。

 

第4回

5月15日(水)

顧客の購入意向を高めるソーシャル時代のマーケティング
~成功事例から学ぶエンタメ×ブランドの可能性~


昨今、インフルエンサーマーケティングは多くの企業が注目し、実践しているマーケティング手法です。そんな中、ただフォロワーが多い、知名度が高い、有名だからといった安易な理由で実施し飽和している状態です。大切なことは生活者に選ばれる情報を発信し続け、可処分時間や可処分所得を獲得することです。では、実際にいま生活者の可処分時間や可処分所得は何に占められているのでしょうか。代表的なものとして挙げられるものが、音楽やアニメ、漫画といったエンターテインメントコンテンツです。これらのファンの中には、自身が応援する著名人やコンテンツに関する商品・サービスを「応援したいから買う」人が多数存在します。そういった熱狂的なファンをトライバルメディアハウスでは”ファンダム”と呼んでおり、彼らこそがあらゆる施策の成功における重要なファクターであると考えています。本セミナーではファンダムを基軸とし、インフルエンサーマーケティングの中でもエンターテインメントを活用して好意度と購入意向を高めるマーケティング施策の考え方を、成功事例とともに解説します。インフルエンサーマーケティングの限界や課題を感じている方々におすすめの内容です。

 

講師

高野修平 (たかの・しゅうへい)
株式会社トライバルメディアハウス執行役員
ブランドマーケティングとエンタメマーケティングの専門家

日本初のブランドマーケティングと音楽マーケティングを融合させたマーケティングレーベル『Modern Age/モダンエイジ』を設立。ナショナルクライアント、テレビ局、音楽配信会社、映画配給会社、レコード会社、アーティストといった幅広いエンターテインメント業界を支援している。著書『音楽の明日を鳴らす-ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネス新時代-』(エムオン・エンタテインメント)のほか『ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略』『始まりを告げる≪世界標準≫音楽マーケティング』など多数。M-ON番組審議会有識者委員、尚美学園大学非常勤講師。セミナーイベント登壇の年間講演回数は70回を超える。

 

その他注意事項

<御申込について>
・参加URLは開催前日までに送ります。4回まとめ受講は、第1回・2024年2月14日前日までにお申し込みください。各回のお申し込みは、都度受け付けます。

 

イベント詳細

開催日時 2024年02月14日 14:00
終了時間 2024年05月15日 15:00
定 員 99
残 席 81
参加費 参加費 会員社 1名様 15,400円(消費税込)  非会員社 1名様 19,800円(消費税込)会員社割引適用にはログインが必要です。

このイベントのお申し込みは終了いたしました

JMA会員ログイン

会員サービスで申し込むにはログインが必要です。

JMA会員でアカウント登録がまだの方は、下記よりアカウントを作成してください。
アカウント登録

JMA会員社の確認は下記よりご確認いただけます。
JMA会員社検索

イベント検索

カテゴリー
会 場

イベントカレンダー

2月   2024
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

講座履歴

日本マーケティング協会の講座履歴

講座アーカイブ

講座お申し込み履歴

お客様の講座お申し込み履歴です

当ページをご覧になる際はログインをしてください

お申し込み履歴

お問い合わせ
セミナーについてのお問い合わせフォームです
お名前を記入してください
メールアドレスを記入してください
ご用件を記入してください
トップに戻る