(こちらの記事は、マーケティングホライズン2020年1月号『美意識』に記載された内容です。)


企業が成功し成熟すると、一定の形ができてくる。それは、社風であり、ビジネスプロセスであり、様々な要素が絡み合ったもの。「様式美」という言葉があるが、やがて特定の形が定着する。しかし、形にとらわれた様式美を踏襲していては、企業は繁栄を続けられない。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年6月号『バトンを託す』に記載された内容です。)


未来とは?
大学や企業研修で新事業やイノベーションの講義を行う際は、いつも導入でピーター・ティールの著書「ZERO to ONE」を引用しています。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年5月号『アナログ技術は生き残れるか!?』に記載された内容です。)


広がるデジタルの世界

シリコンバレー活用に挑戦する日本の企業たち
今、世界中がシリコンバレーを活用しようと奮闘し続けている。

日本経済は長きにわたるデフレで「失われた20年」と言われ停滞が続いています。

ご存知の通り、ビッグデータとは膨大なデータの集積のことをいいます。

認知科学による開発
6年前からトヨタの販社で「WorldVision」という認知科学に基づいた、システムの運用とデータ解析の社会実験を行っている。

はじめまして、イケダハヤトと申します。ぼくは昨年の6月に、28年生活した関東圏を離れ、縁もゆかりもない高知県に家族3人で移住をしました。

技術者にとって、世界を驚かす技術を開発し、事業創出・新分野を開拓するのは大変な喜びである。

新たな宇宙往還システムを開発する意義

トップに戻る