提言

提言 (45)

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年1月号『スポーツ2019 2020』に記載された内容です。)


eスポーツが熱い、そうです。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年1月号『スポーツ2019 2020』に記載された内容です。)


少年野球を経て、中学(軟式)、高校(硬式)、大学(準硬式)と、ずっと野球部に所属していた。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2019年1月号『スポーツ2019 2020』に記載された内容です。)


昨年の日本というか世界のスポーツ史に残るビッグニュースと言えば、日本勢で初めて4大大会シングルス制覇を成し遂げた大坂なおみ選手のテニスの全米オープンでの優勝と本格的な投打「二刀流」選手として、打率2割8分5厘、22本塁打、10盗塁、投手としては2度の右ひじの故障があったものの、10試合で4勝2敗の成績を残した大谷翔平選手(エンゼルス)のア・リーグ新人賞の獲得だろう。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2018年11月号『人を集める場所』に記載された内容です。)

どんな商業施設が、人を集めているか

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2018年11月号『人を集める場所』に記載された内容です。)

ネーミングは「人を集める」ためにある

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2018年10月号『賞の魔力』に記載された内容です。)

「良い賞」に育つための条件

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2018年10月号『賞の魔力』に記載された内容です。)

世の中には多種多様な賞がありますが、受賞者本人だけでなく関係者にとっても世間にとっても貰って良い賞と、何の目的でやっているの?という賞、場合によっては、お金にまみれている賞もあるかもしれません。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2018年8月号『交通革命、その先:変わる生活、生まれるビジネス』に記載された内容です。)

会津泉氏からのメッセージ

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2018年6月号『無理上等!』に記載された内容です。)

論理は自身を説得する材料にはならない
「結果を恐れず挑戦しろ」、「積極的にリスクをとれ」と他人に言われても、言われた当人にその気と覚悟がなければ、虚しい結果になることは目に見えている。

(こちらの記事は、マーケティングホライズン2018年7月号『創る中国:文化・エンタテインメント編』に記載された内容です。)

Web小説のプラットホームとして創業されたこの会社は、作家とプラットホーム側が読者の課金料金をシェアすることで、お互いの収益に寄与し爆発的に発展してきました。

トップに戻る